乃木坂欅坂日向坂46坂まとめ

乃木坂欅坂日向坂46坂まとめは、乃木坂46欅坂46日向坂46に関する最新のNEWSや話題のNEWSなどをまとめてお届け致します。主に、2chなどの乃木坂46、欅坂46、日向坂46に関するスレをまとめています。乃木坂欅坂日向坂46坂まとめ Twitter:@zdmIZx0rtKqjyFR:気軽にフォローお願いします(*'ω'*)

坂道3グループ



(出典 livedoor.blogimg.jp)



続きを読む



(出典 sakamichinokiseki.com)



1 ジョーカーマン ★ :2020/03/02(月) 16:54:09 ID:pQ8K4emO9.net

今や国民的アイドルとして君臨する乃木坂46、独自の世界観を持つ欅坂46、“ハッピーオーラ”をテーマに明るさを前面に出す日向坂46。
そんな3グループがおととしに実施した『坂道合同新規メンバー募集オーディション』合格者のうち、いずれのグループにも配属されなかったメンバーが『坂道研修生』と名付けられていたのをご存じだろうか。

そこから約1年、「いつ正規メンバーになるの?」「配属方法はドラフト制?」など、坂道ヲタクにとってずっと気がかりだった彼女たちの動向がついに明らかとなった。

ヲタが選ぶルックス2強は佐藤璃果と守屋麗奈
2月16日、各グループのキャプテンが見守る中、動画配信サービス『SHOWROOM』内でメンバーの配属先が発表。
乃木坂46の4期生には黒見明香、佐藤璃果、林瑠奈、松尾美佑、弓木奈於の5名、欅坂46の2期生には遠藤光莉、大園玲、大沼晶保、幸阪茉里乃、増本綺良、守屋麗奈の6名、日向坂46の3期生には?橋未来虹、森本茉莉、山口陽世の3名が加入することに。

昨年、東名阪ツアーライブや握手会を行なってきた『坂道研修生』ではあるが、どんな顔をしているのか、どんなキャラクターなのか知らない人がほとんどだろう――。
そこでツアーの千秋楽・「Zepp Nagoya」での公演に参戦したというアイドルライターのノダノゾム氏に、おススメのメンバー、今後化けそうなメンバーを聞いてみた。

まずはルックスのよいメンバー。

「ヲタ仲間内での人気は佐藤璃果ちゃん(乃木坂46)と守屋麗奈ちゃん(欅坂46)の2強ですね。佐藤璃果ちゃんは、元欅坂46・長濱ねるちゃんを思わせる癒し系オーラと吸い込まれるような透明感を持っており、アイドル的なルックスは研修生イチですね。守屋麗奈ちゃんはアイドルというよりは女優さんのような整った顔立ちが魅力的な子です。個人的な推しとしては、幸阪茉里乃ちゃん(欅坂46)。小動物系のクリクリとした瞳に吸い込まれそうでした」


センターを狙えるカリスマ的存在は……?

ラストに、今後センターを狙えそうな逸材メンバーと各グループのバランスについて聞く。

「ツアーで『サイレントマジョリティー』のセンターを務めた美少女・佐藤璃果ちゃん(乃木坂46)はエース級の存在になると確信します! 本人もアイドルになるためのプロ意識が強いタイプなので成長も早いと思います。大化けしそうなのは、大園玲ちゃん(欅坂46)。飾らない雰囲気と独特のオーラから、カリスマセンター・平手友梨奈ちゃんがよぎりました。心理学を勉強しているらしく、配属発表時に意気込みを書いた色紙を披露していたのですが、そこに『発光』という言葉を書くあたりにセンスを感じましたね」

「全体のバランスから見ると、欅坂46が一番成功だなと思います。すでに人気のある守屋麗奈ちゃんや大園玲ちゃんなど、補強ポイントも明確。やはり卒業と脱退ラッシュが起きただけに大きなテコ入れをしたかったんでしょう。次は、佐藤璃果ちゃんが加入した乃木坂46。彼女の存在がとにかく大きいと思います。日向坂46のメンバーは今のところそこまで目立つ子はいませんが、現3期生の上村ひなのちゃんにとっては初めて同期ができるので、上村ひなのちゃんのモチベーションアップに期待したいです」

ここまで、注目の「坂道研修生」たちを紹介してきた。
思えば今年に入ってからは乃木坂46・白石麻衣の卒業や欅坂46・平手友梨奈の脱退など、寂しいニュースが続いた坂道シリーズだけに、新しく仲間に加わった彼女たちには、今まで以上の盛り上がりを作ってもらいたい!

全文
http://nikkan-spa.jp/1647886

佐藤 璃果(さとう りか)
生年月日 2001年8月9日
星座 しし座
身長 158cm
出身地 岩手県
血液型 B型

乃木坂46に加入 長濱ねる似と話題 佐藤璃果

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)

元欅坂46 長濱ねる

(出典 pbs.twimg.com)


坂道研修生

(出典 pbs.twimg.com)


乃木坂46 4期生に加入した5名

(出典 pbs.twimg.com)

欅坂46 2期生に加入した6名

(出典 pbs.twimg.com)

日向坂46 3期生に加入した3名

(出典 pbs.twimg.com)


続きを読む



(出典 nilcollection.net)



1 ジョーカーマン ★ :2020/02/16(日) 20:51:55.97 ID:CSeopxmD9.net

18年夏の坂道合同オーディションに合格したがグループ配属に至っていなかった「坂道研修生」14人の正式グループ配属が16日、動画配信サービスSHOWROOM内で発表された。
研修生は15人だったが、松岡愛美(まつおか・まなみ=17)は学業優先のため、活動を辞退することも合わせて発表された。

坂道合同オーディションで合格した39人のうち、多くは配属が決定し各グループに加入。
15人は「坂道研修生」として、グループ未配属のまま歌やダンスのレッスンを重ね、昨年には東名阪ツアーを開催していた。

同配信内で、乃木坂46秋元真夏、欅坂46菅井友香、日向坂46佐々木久美の各キャプテンが、それぞれのグループの配属者を発表した。
配属期は先に配属された研修生と同じとなり、乃木坂では4期生、欅坂では2期生、日向坂では3期生となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-02150782-nksports-ent

「坂道研修生」配属先
乃木坂46
黒見明香(くろみはるか)東京都16歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

佐藤璃果(さとうりか)岩手県18歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

林瑠奈(はやしるな)神奈川県16歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

松尾美佑(まつおみゆ)千葉県16歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

弓木奈於(ゆみきなお)京都府21歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)


欅坂46
遠藤光莉(えんどうひかり)神奈川県20歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

大園玲(おおぞのれい)鹿児島県19歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

大沼晶保(おおぬまあきほ)静岡県20歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

幸阪茉里乃(こうさかまりの)三重県17歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

増本綺良(ますもときら)兵庫県18歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

守屋麗奈(もりやれな)東京都20歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)


日向坂46
高橋未来虹(たかはしみくに)東京都16歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

森本茉莉(もりもとまりぃ)東京都15歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)

山口陽世(やまぐちはるよ)鳥取県15歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)


活動辞退
松岡愛美(まつおかまなみ)17歳 
(出典 sakamichi-kenshusei.com)


続きを読む



(出典 www.keyakizaka46news.com)



1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/22(日) 09:00:27.70 ID:ee/l/LPV9.net

【モデルプレス=2019/12/20】
20日、NHKが大みそかに放送される「第70回 NHK紅白歌合戦」(19時15分~)の曲目を発表した。
これを受け、ネット上では乃木坂46・欅坂46・日向坂46の曲目に注目が寄せられている。

◆坂道3グループの曲目発表は?

このたび、初出場となる日向坂46は「キュン」、4回目の出場となる欅坂46は「不協和音」、5回目の出場となる乃木坂46は「シンクロニシティ」を披露することがわかった。
この発表を受け、Twitter上では「不協和音」「シンクロニシティ」がトレンド入りした。

◆日向坂46、デビュー曲「キュン」で初出場

日向坂46が披露する「キュン」は、今年3月にリリースしたデビューシングル。この曲で初の紅白を飾る。

ネット上では、「日向結成初の曲!」「デビュー曲!」「楽しみで待ちきれない」「頑張れ!」などの声がみられた。

◆欅坂46「不協和音」再び披露 注目集まる

欅坂46は、今年「不協和音」(2017年4月リリース)を歌唱する。
同曲は、2017年「第68回NHK紅白歌合戦」にて披露されたが、パフォーマンス中に、センターを務めた平手友梨奈や、メンバーの鈴本美愉がふらつくハプニングが起きたことで知られる。

同曲は今年9月に開催した東京ドーム公演の最終日に披露し、大きな話題を呼んだ。

そんな同曲が披露されることが決まり、ネット上では、「リベンジ!?」「全力で応援する」「封印を解いた年の最後に披露か…」「心配」などさまざまな声が溢れている。

◆乃木坂46「シンクロニシティ」に「意外」の声

また、乃木坂46は、2018年「第69回NHK紅白歌合戦」では、センターを卒業メンバーの西野七瀬が務めた22作目の「帰り道は遠回りしたくなる」(2018年11月リリース)を披露。
今年は20作目の「シンクロニシティ」(2018年4月リリース)ということが判明した。

24作目である「夜明けまで強がらなくてもいい」(2019年9月リリース)ではないことから、ネット上では「意外」「全く予想していないかった」「まいやんがセンター!」などの声があがった。

◆紅白テーマ“4年目”の「夢を歌おう」

2016年からオリンピックイヤーを目前にした4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げている「NHK紅白歌合戦」。
オリンピックイヤーを目前にした今年の「第70回」は、そのしめくくりの年となる。

総合司会は3年連続となるウッチャンナンチャンの内村光良。
紅組司会は4年ぶりとなる綾瀬はるか、白組司会は2年連続単独司会となる嵐・櫻井翔。
放送は、2019年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※中断ニュースあり)。

https://news.livedoor.com/article/detail/17556388/
2019年12月20日 18時13分 モデルプレス


続きを読む



(出典 livedoor.blogimg.jp)



1 ジョーカーマン ★ :2019/11/16(土) 00:14:00.49

第61回日本レコード大賞(主催日本作曲家協会)の各賞が15日発表され、「日本レコード大賞」候補の優秀作品賞10曲と、「最優秀新人賞」候補の新人賞4組などが決まった。

優秀作品賞には、史上最多連続タイ記録の3連覇がかかる乃木坂46の「Sing Out!」など、秋元康氏(61)プロデュースの楽曲は4曲入選。
姉妹グループから3年連続となる欅坂46の「黒い羊」に加えて、日向坂46も「ドレミソラシド」で初選出された。

さらに、10年連続となるAKB48の「サステナブル」も選ばれている。

優秀作品賞10曲のうち、同じプロデューサーで4曲を占めるのは過去最多。
1996年に安室奈美恵(42)の「Don’t wanna cry」、華原朋美(45)の「I’m proud」、globeの「DEPARTURES」で3曲を受賞した小室哲哉氏(60)の記録を塗り替える。

昨年の第60回は、乃木坂46が「シンクロニシティ」で大賞を2年連続で受賞。
欅坂46の「アンビバレント」と、AKB48の「Teacher Teacher」が優秀作品賞を受けた。
また、STU48が新人賞に選ばれており、秋元氏プロデュースの4組が平成最後の賞レースを盛り上げた。

大賞と最優秀新人賞を決める最終審査当日の模様は、TBSが「第61回輝く!日本レコード大賞」と題して午後5時30分から生放送する。

主な受賞者と受賞曲は以下の通り

【優秀作品賞】「ECHO」Little Glee Monster、「片隅」三浦大知、「黒い羊」欅坂46、「サステナブル」AKB48、「純烈のハッピーバースデー」純烈、「Sing Out!」乃木坂46、「大丈夫」氷川きよし、「ドレミソラシド」日向坂46、「P.A.R.T.Y.~、ユニバース・フェスティバル~」DA PUMP、「パプリカ」Foorin

【最優秀歌唱賞】市川由紀乃

【新人賞】海蔵亮太、新浜レオン、BEYOOOOONDS、彩青

【特別賞】菅田将暉、竹内まりや、米津玄師

【最優秀アルバム賞】「9999」THE YELLOW MONKEY

【優秀アルバム賞】「いつか、その日が来る日まで...」矢沢永吉、「瞬間的シックスセンス」あいみょん、「Sympa」King Gnu、「美らさ愛さ」夏川りみ

【作曲賞】岩崎貴文「限界突破×サバイバー」(歌・氷川きよし)

【作詩賞】石原信一「最北シネマ」(歌・松原健之)「雪恋華」(歌・市川由紀乃)

【編曲賞】大橋卓弥/常田真太郎「青春」(歌・スキマスイッチ)

【企画賞】「GUNDAM SONG COVERS」森口博子、「大航海2020~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~」高田夏帆、「微吟」ちあきなおみ、「My Bouquet」伊藤蘭、「Love Covers」ジェジュン、「令和」ゴールデンボンバー

【日本作曲家協会選奨】丘みどり

【功労賞】金井克子、園まり、袴田宗孝、ビリー・バンバン

【特別功労賞】有馬三恵子、内田裕也、千家和也、萩原健一

※各項目50音順、敬称略

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00000224-spnannex-ent

AKB48

(出典 pbs.twimg.com)

乃木坂46

(出典 pbs.twimg.com)

欅坂46

(出典 pbs.twimg.com)

日向坂46

(出典 pbs.twimg.com)


続きを読む

↑このページのトップヘ