乃木坂欅坂日向坂46坂まとめ

乃木坂欅坂日向坂46坂まとめは、乃木坂46欅坂46日向坂46に関する最新のNEWSや話題のNEWSなどをまとめてお届け致します。主に、2chなどの乃木坂46、欅坂46、日向坂46に関するスレをまとめています。乃木坂欅坂日向坂46坂まとめ Twitter:@zdmIZx0rtKqjyFR:気軽にフォローお願いします(*'ω'*)

アイドル



(出典 resize.blogsys.jp)



1 ジョーカーマン ★ :2020/02/21(金) 17:26:43 ID:wzOaxl6b9.net

日向坂46の加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、東村芽依、金村美玖、小坂菜緒、上村ひなのが21日、都内で行われた新番組「日向坂46です。ちょっといいですか?」の記者発表会に登場した。

同番組は、日向坂46が記者に扮して、大御所芸能人、スポーツ選手、旬なお笑い芸人などに突撃取材を敢行する“囲み取材スタイル”のトークバラエティ。

リーダーの佐々木は「観てくれる方が(著名人に)聞きたくても聞けないことがたくさんあると思うので、私たちがグイグイ質問して、番組として面白いものにしていけたらと思います。精一杯みんなでグイグイいけるように頑張ります」と抱負を語った。

また、この日集まったメンバーの中で記者に向いていそうなのは誰かと聞かれると、加藤は「斎藤京子だと思います」と言い、「見た目から想像もつかないギャップのあるカッコいい声を持っているんですけど、そのカッコいい声でズバズバきわどい質問をできそう」と評した。
これを受けて齊藤は「人見知りが一切なくて。年下の子には人見知りしちゃうんですけど、年上の方にはいくらでもしゃべれるという特技があるので、それを活かせたらと思います」と自信をのぞかせた。

その後、実際にインタビューしてみたい有名人の話題に。
佐々木は「野球が好きなので、野球界のレジェンドの方にお話を聞きたい」とした上で、「イチロー選手に話を聞きたいです。どうやって自分のコンディションを保ち続けたのかとか、自分にご褒美とか与えてたのかなとか、タイプの女性とかも聞いてみたいです」と微笑んだ。

齊藤は「松本人志さんに話を聞いてみたいです。何を聞いても面白い回答が絶対返ってくるじゃないですか。『なんでそれ聞くんや』って言われるような質問が出来たらなと思います」と言い、金村は「椎名林檎さんに色々質問したいです。本当に大好きで私の青春時代を支えていただいた曲がたくさんあるので」と目を輝かせた。

続いて小坂は「『コード・ブルー』が大好きなので、新垣結衣さんにお会いしてみたいです。女優業をやらせていただいているので、演技面でどういう想いでドラマや映画に臨んでいるのか聞いてみたいです」と述べ、東村は「小籔(千豊)さん」と名前を挙げて、「一度『HINABINGO!』という番組で、MCをやっていただいて。その時に小藪さんの昔の話を教えてもらったのですが感動したので、もっとたくさんお話を聞きたいです」と希望した。

そして、加藤は「総理大臣にインタビューしたいです」と一言。
「『YouTubeとか見るんですか?』とか『奥さんとデートするんですか?』とか聞きたいですね。すごい夢です」と明かした。
最後に上村は「田中みな実さん」と答え、「今、美のカリスマ的存在なので、美の秘訣などを教えていただきたいです」とラブコールを送った。

「日向坂46です。ちょっといいですか?」はひかりTV、dTVチャンネルにて、3月14日(土)22:30より配信開始。

http://www.rbbtoday.com/article/2020/02/21/177035.html

新番組「日向坂46です。ちょっといいですか?」記者発表会
(左から)佐々木久美、齊藤京子、金村美玖、小坂菜緒、東村芽依、加藤史帆、上村ひなの

(出典 tokyopopline.com)

日向坂46

(出典 tokyopopline.com)


小坂菜緒

(出典 tokyopopline.com)

齊藤京子

(出典 tokyopopline.com)

加藤史帆

(出典 tokyopopline.com)

金村美玖

(出典 tokyopopline.com)

東村芽依

(出典 tokyopopline.com)

上村ひなの

(出典 tokyopopline.com)

佐々木久美

(出典 tokyopopline.com)


続きを読む



(出典 s.eximg.jp)



1 ジョーカーマン ★ :2020/02/23(日) 09:39:36 ID:COPzaV+E9.net

乃木坂46の与田祐希が、映画『ぐらんぶる』に出演することが発表された。
マネージャーが謝罪するほど衝撃的な映画デビューとなる。

原作は、ダイビングサークルを舞台にした漫画ながら、なぜかほぼダイビングをしないという、井上堅二氏と吉岡公威氏による同名漫画。
1月末にキャスト発表、及び特報映像が公開しされると竜星涼、犬飼貴丈が体当たりで挑んでいる姿が反響を呼んだ。

与田祐希「ぐらんぶる」で全力演技
与田が演じるのは北原伊織(竜星)のいとこで、同じ伊豆大学に通うヒロイン・古手川千紗。
伊織と耕平(犬飼)のダイビングサークル仲間でもあり、普段はクール、でもダイビングのこととなると優しくキュートなしぐさを見せるクーデレ(クール+デレ)美少女な役どころ。

乃木坂46の次世代エースとして注目を集める与田にとって、映画デビューとなった今回、伊織と耕平のバカ騒ぎを虫ケラの様な目で蔑んだり、男たちを足で踏んだり、さらには白目を剥くぶっ飛んだ顔を見せるなど、これまでの与田のイメージを覆す全力な体当たり演技で挑む。

与田祐希マネージャー「大変申し訳ございません」
与田は、映画初挑戦となることが決まった際の心境を「グループから離れた1人でのお仕事なのでとても緊張していました」とコメント。
また「私が演じる千紗は、とてもたくましい女の子なので、ヤバい男たちには負けません」と力強く語り女優魂を見せた。

さらに、普段から与田を支えているマネージャーは「与田祐希、そして乃木坂46を応援していただいている皆様、大変申し訳ございません」とまさかの謝罪。
しかし「ヤバい奴ら相手に与田が金属バットを振り回し、飛び蹴りをかます姿を見ていただければ、きっと安心していただけるはずです」と、与田の新たな才能の開花に自信をのぞかせている。

そして、エグゼクティブプロデューサーの関口大輔氏は、「原作を読んで千紗役には与田さん以外考えられなかった」「撮影現場では、漫画から抜け出た千紗がそこに存在しているよう」だったと与田のキャスティング起用について説明。
「プロデューサーである自分ですら驚くことが多い英監督の独特の演出ですが、そんな監督のどんな要求にも対応する与田さんの女優魂と、アイドルらしからぬ体当たりの演技に驚き、感動しました」とも語っている。

与田祐希コメント
グループから離れた1人でのお仕事なのでとても緊張していましたが、いざ現場に入ってみると、スタッフの皆さんも、キャストの皆さんも、温かくて、賑やかで、優しくて、そのおかげで、私も楽しみながら撮影をすることができました。

私は、このオファーをいただく前にテレビ番組の企画でウミガメを探すためにダイビングの資格をとったのですが、まさかこんな形で活かせるとは思ってもいませんでした(笑)。

それはさておき、ファンの皆様には多大なる心配をおかけしていると思いますが、私が演じる千紗は、とてもたくましい女の子なので、ヤバい男たちには負けません。なので、安心して劇場にお越しください。きっと不安は吹き飛び、笑いに変わると思います!

全文
http://mdpr.jp/music/detail/1976416

与田祐希が衝撃の映画デビュー 映画「ぐらんぶる」

(出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


映画『ぐらんぶる』特報 2020年5月29日(金)公開

(出典 Youtube)


乃木坂46 与田祐希2nd写真集『無口な時間』より

(出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


(出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


(出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


(出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


続きを読む



(出典 kagiake.net)



1 コピペ鑑定士分隊(アサン) ★ :2020/02/21(金) 03:13:38 ID:f+RdEZCM9.net

乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE 入場に関する注意事項
2020.02.19

「乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE」が、2月21日(金)より、ナゴヤドームにて開催されます。

■ご来場の皆様へ
新型コロナウイルス等の感染予防・拡散防止のため、下記のご協力をお願いいたします。
・体調にご不安のある方は、くれぐれもご無理をなさらないようにお願いいたします。
・会場内に消毒液を設置しておりますので、ご協力ください。
・「咳エチケット」にご協力ください。咳・くしゃみ等の症状がある方はマスクをご着用ください。
・会場内で気分が優れなかったり、体調が悪くなったりした際には、お近くの係員まで、お声がけください。
・感染予防・拡散防止のためにスタッフがマスクを着用してのご案内をさせて頂く場合があります。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

http://www.nogizaka46.com/smph/news/2020/02/46-8th-year-birthday-live-221204.php


(出典 livedoor.blogimg.jp)


続きを読む



(出典 cdn.hinatazaka46.com)



1 ジョーカーマン ★ :2020/02/20(Thu) 00:21:20 ID:Y9lXjgvd9.net

人気アイドルグループ・日向坂46の小坂菜緒(17)と上村ひなの(15)が、20日発売の『週刊ヤングジャンプ』12号(集英社)の表紙に登場。
アイドル界最強の“美少女姉妹”が、極上キュートな笑顔を見せた。

デビュー曲「キュン」から19日発売の4thシングル「ソンナコトナイヨ」まで、4作連続でセンターを務める絶対的エースの小坂。
女優としても活躍し、グループ全員が出演するドラマ『DASADA』では主演を務め、6月公開の映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』にも出演する。

上村は、2018年の坂道合同オーディションに合格し、日向坂46(当時けやき坂46)唯一の新メンバーとして加入。
15歳の愛らしいビジュアルとギャップのある、独特の感性と言動で、冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)などでしっかりと存在感を示している。

日向坂46メンバーだけで同誌の表紙を飾るのは初めてとなった今回、センターの小坂菜緒とグループ最年少の上村の“姉妹感”と“ハッピーオーラ”があふれる表情を撮り下ろし。
肩出しの白Tシャツを着て部屋でごろごろする姿や、すらりと伸びた手足がまぶしいワンピース姿で抱き合うふたりのカットなどが収録される。

また、特別企画として「ソンナコトナイヨ」の公式着せかえジャケットを封入。
こうした着せかえジャケットは日向坂46初の試みだけに、貴重な付録になっている。
さらに、モノクロページにふたりのインタビュー記事も掲載。
上村がグループに加入したきっかけや、日向坂46の楽屋の様子などが語られている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000305-oric-ent

『週刊ヤングジャンプ』12号 小坂菜緒&上村ひなの

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


日向坂46 小坂菜緒

(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


日向坂46 3期生 上村ひなの

(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


続きを読む



(出典 i.ytimg.com)



1 ジョーカーマン ★ :2020/02/18(火) 09:48:31.09 ID:WNTKTwWE9.net

乃木坂46のクールビューティー鈴木絢音が18日(火)発売の『漫画アクション』(双葉社)の表紙に登場している。

透明度120%、鈴木絢音の美しすぎるグラビアカット

2013年に2期生として乃木坂46に加入した鈴木絢音。
今年1月スタートのドラマ『ハイポジ 1986年、二度目の青春。』(テレビ大阪)では連続ドラマに初レギュラー出演しており、今年初夏に公開の映画『死神遣いの事件帖』ではヒロインとして映画初出演も果たす予定だ。

『漫画アクション』では「時を超える少女ーー。」と題し、どこか懐かしさを感じさせる80年代感たっぷりのグラビアを展開している。
ファンの間ではクールなキャラクターで知られる彼女が見せる無邪気な笑顔のカットにも注目だ。
同号には付録として鈴木絢音の両面クリアファイルが付いてくる。

また、巻頭カラー漫画は2月28日に単行本最新4巻が発売となる藤原さとし氏の『ライジングサンR』が飾り、巻中グラビアには人気コスプレイヤー・火将ロシエルが登場している。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00003816-entame-ent

『漫画アクション』 鈴木絢音

(出典 images.entamenext.com)


(出典 images.entamenext.com)


(出典 images.entamenext.com)


(出典 images.entamenext.com)


乃木坂46 2期生 鈴木絢音

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


(出典 66.media.tumblr.com)


続きを読む

↑このページのトップヘ